カリフォルニア・モンタージュ(Caifornia Montage)デイヴ・グルーシン(Dave Grusin)Winning ポール・ニューマン

BGM,ソフトロック・サンシャインポップ

こんにちは、レルです🐕

みなさんは、お気に入りのメロディーやスキャットが

いつまでも続いて欲しいって思いませんか?

今回は、そんな夢が叶う曲を紹介するワン🐕

CIBONE 青山

その昔、

東京都港区青山に、青山ベルコモンズという商業施設がありました。

青山通りと外苑西通りが交わる青山3丁目に所在し、

レルは大好きで、よく行っていましたワン🐕

その施設内に、インテリアショップの『CIBONE 青山』が入っていました。

ココは、家具・ファッション・キッチンアイテム・雑貨・書籍等が揃う

お洒落な店舗だったワン🐕

地下1階にあり、静かで、落ち着いた雰囲気が良いお店でした。

レルはインテリアが好きなので、ココも大好きなお店でした。

インテリアやキッチンアイテムを見ているだけで、

とても楽しかったですワン。

あと、楽しみだったのは、音楽が聴けることでした。

店舗の一角には、CDのコーナーがありました。

当時ブームだったラウンジ系のCDが、たくさん置いてあり、

それを見に行くのも、目的の一つでした。

試聴ブースが設けられており、

いつも色々な音楽を聴く事が出来ました。

ある時、見た事のないCDのジャケットを目にしました。

ギターを弾いている男性と、ポップなファッションの女性2人が

草原にいるという構図で、いかにも60年代なジャケットで

60年代LOVEな、レルにピッタリなCDでした。

何年ながら、そのCDは試聴は出来ませんでしたが、

そのジャケットに惹かれて、即買いしてしまいました。

そのCDとは、

『THE GET EASY! SUNSHINE POP COLLECTION』というものです。

カリフォルニア・モンタージュ(California Montage)

さてさて、

自宅でゆっくり購入したCDを聴いたのですが、

そのCDの中で一際異才を放つ曲がありました。

その曲名は『California Montage』!!

名優「ポール・ニューマン」主演の

カーレースを舞台にした映画『レーサー』(原題:Winning)の音楽で

「デイヴ・グルーシン」が手掛けました。

ここで再び登場の「デイヴ・グルーシン」(Dave Grusin)!!

以前でブログで紹介した『アンクルの女』(原題:The Girl from U.N.C.L.E)を

作った人ですワン🐕

↓『アンクルの女』については、こちらを是非どうぞですワン🐕

冒頭から、いきなり ストリングスが閃いて

レルは、もはやこの時点で、曲の虜になっていました。

その後に入ってくる、女性のスキャットの爽やかさといったら、

レルの体を爽やかな風が、吹き抜ける様な感動を覚えましたワン🐕

そのスキャットが複雑で、

パートによってパターンが変化するのも魅力で

更に感動を増幅させました。

↓この曲と涼やかな画像が、とてもマッチして素敵ですワン🐕

そして、

常に傍で聴こえるピアノの響きは

アクティブに耳道を往来し、

ティンパニの響きは、

波打ち際に寄せる波のように

レルの鼓膜を振動させて、

鍵盤打楽器も良いタイミングで入ってきて

鼓室に響き渡り、

ホーンセクションが伝道器官を痺れさせる

まさに音の連携攻撃。

それぞれの楽器から発せられる音が

見事に調和しており

不離一体となって

レルの聴神経を覚醒しましたワン🐕

聴いていると

伴奏もスキャットもどちらもお洒落なので

どちらを聴けば良いのか分からなくなって

頭の中で、”音”と”声”が目まぐるしく

ぐるぐる回っていましたワン🐕

気に入ったメロディーやスキャットって、

すぐ終わることが多いのですが、

この曲は大好きなフレーズが、果てしなく続くので

夢ならずっと覚めないで欲しいワン🐕

※『レーサー』(原題 Winning)のサントラは、CD化されていませんが、

 下のCDに収録されてますワン🐕