ダイソンのクリーナーは公式ストアがお得!掃除の悩みを解決。

日々の掃除の悩みを解決してくれたダイソンのクリーナー

こんにちは。日々の掃除はどうしてますか?

私は以前、朝早くにお掃除すると書きました。その姿勢は今も変わっていませんが、掃除する道具をいろいろ考えています。朝は忙しいので、どの掃除用具が有効か…。

フローリングはクイックルワイパーの水拭きカーペット部分は粘着クリーナーでコロコロ。朝早くなので、家族を起こさずに、静かに掃除するには最適です。

そして、週に何度か、家全体に掃除機をかけます。我が家では、ハンディタイプのダイソン(DC31)と三菱の掃除機を、場所によって使い分けていました。どちらも10年以上前に購入したものです。

それで充分なのですが、気になる点がいくつかありました。

①クイックルワイパー水拭きでは、ホコリや取り切れなかった汚れが残った際にこびりつく
②粘着クリーナーで掃除したら見た目は綺麗だが、カーペットの奥までは掃除しきれていないのでは?
③10年前の掃除機は排気がよごれていそう。音もうるさい
10年前のダイソンdc31は広い範囲を掃除できない。充電もすぐに切れる。

こうした悩みが少しでも解決すると、お掃除が楽になります。そして、これらの悩みは、ダイソンv8で全て解決できたのです。

きっかけは掃除機の排気が気になったこと。

季節の変わり目で、ホットカーペットを取り外した後の掃除が大変でした。カーッペトカバー、ホットカーペット本体を次々に掃除機をかけます。ホコリが大量に飛び交います。空気清浄機をフル回転させてはいるものの、本当にこのホコリたち、すべて除去しきれているのか…。

☜お家で仕様している無印の空気清浄機です。なかなかの働き者

そして、もしこの掃除機の排気の仕様があまり良いものでは無かったら、せっかく掃除しても見えないハウスダストがばらまかれているのでは…と考えると恐ろしくなりました。

うちの子供達、やたらと咳やくしゃみをするので、ぜんそくまではいかないとしても、子供にありがちなアレルギー性鼻炎や副鼻腔炎だと思うのです。これらがハウスダストの仕業だとしたら…。

アレルギー性の鼻炎なら、ホコリなどのハウスダストを取り除くために掃除は大事ですが、その掃除をする道具で逆にハウスダストがばらまかれていたと考えると、今すぐにでも掃除機を買い替えたくなりました。

そして、排気の綺麗な掃除機を捜してみました。

でも掃除機の価格の相場ってどうなんでしょう?性能が良いものがもちろんいいとは思いますが、あまりに高価なものはちょっと…家計的に苦しいです。せめて2~3万円でないかな?と捜したところ、日本のメーカーでは結構ありました。

アマゾンではマキタのコードレス掃除機が人気です。

日立や三菱のものでも、2万円以内で購入できるものも多くあります。でもたくさん種類がありすぎて、見ているうちに自分がどんな掃除機を欲しがっているかわからなくなってしまいました。

でもここで、考えました。

自分の家にはどんな掃除機が合うのか

それによって、コードレスやハンディタイプ、スティックタイプなど、掃除機のタイプを絞ることができます。

例えば、私の家は木造の中古住宅でバリアフリーではなく段差がたくさんあります。また、一つ一つの部屋はあまり広くなく、リビングもキッチンと分離しているような昔のお家です。なので、今回は候補にはいれていませんが、ルンバのようなロボット掃除機は向いていません

また、ハンディタイプはダイソンがあるので、特に必要はありません。かといって大型のサイクロン掃除機は収納場所にも困るだろうし、ごちゃごちゃした部屋では使いづらそうなので、必要ありません。

そして、コード式掃除機は途中で充電が切れるというストレスがないのと、強力な吸引力が魅力です。なので、日立か三菱の軽そうな掃除機を検討してみることにしました。

ダイソンの公式ストアがお得すぎる

掃除機についていろいろ考えていたところに、アマゾンのセールが始まりました。タイムセールで掃除機安くなっていないかな…と期待していました。

そしてネットで買い物をする際に必ず行うのが、他サイト・特に楽天とヤフーで価格を比べること。もし同じ価格で売られていても、アマゾンの方が送料無料で実質安い場合もあり、ヤフーと楽天はポイント還元率があるので、お得な場合も有ります。

そして、偶然見つけたのがダイソン公式ストアのタイムセール

一応ダイソンも今回の候補に入れておいたのですが、やはり高額なので敬遠していました。ところが、たまたまダイソン公式ストアを覗いてみると、ダイソンのDyson V8 Fluffy Extra (SV10 FF EX)がお安くなっていました。ダイソンのⅤ8シリーズって、安くても45000円はします(2020年6月現在)。

それがなんと35000円以下で販売されていました。これは、ポイント還元を含めると、実質3万円でダイソンの掃除機が購入できることになります…。

予算オーバーでしたが、今回のDyson V8 Fluffy Extra (SV10 FF EX)は収納用ブラケットや布団用のアタッチメントなど付属品が6点ついており、かなりのお得です。もちろん、ハンディタイプでもスティックタイプでも使えるアタッチメントがついています。

☝今回の付属品です。壁掛けの収納ブラケットがあるのは嬉しいです。あとは布団クリーナーもレギュラー化しそうです。

買ってしまいました。

ダイソンのコードレスクリーナーは1台でどこでも掃除できる

予算オーバーですが、結果、買ってよかったです

その理由は、冒頭で並べていた掃除の悩みをほぼ解決できたからです。では、悩みをひとつずつ見てみます。

ワイパー水拭きは、ホコリや取り切れなかった汚れが残った際にこびりつく

ダイソンv8を仕様すると、水拭きしなくても十分にホコリや髪の毛を吸い取るので、ゴミやほこりが残らないので、水拭きする必要ありません。べたつきが気になる箇所は、その都度拭いたり、週に何度か水拭きをすればよいと思います。

また、我が家ではジョイント式のマットを仕様していますが、連結部分にどうしても隙間ができてゴミが貯まってしまいます。こうしたゴミもダイソンv8なら簡単に吸い取ってくれます。なんという吸引力、今までの掃除機は何だったんでしょうか。

☝こうした細かい掃除機のストレスがすっきりします

粘着クリーナーはカーペットの奥までは掃除しきれていないのでは?

ダイソンv8の吸引力ならカーペットの奥までホコリを取ってくれます。なので粘着クリーナーより確実にハウスダストを除去する事が出来ると思います。

ちなみに粘着クリーナーの利点は、音が静かである、という点です。ダイソンv8の音はどうでしょうか。

10年前のダイソンより、かなり音が静かです。マンションでは難しいかもしれませんが、一軒家では十分に朝早くから掃除できるレベルです。子供達が寝ていても、部屋のドアを閉め切っていれば起きてくることはありませんでした。

排気の汚れ、小型クリーナーは広範囲を掃除できない、充電がすぐに切れる

まずは排気の問題です。言うまでもなく、ダイソンシリーズの排気はクリーンで有名です。

また、小型クリーナーだけれど、ハンディタイプとしても使え、広範囲の掃除も出来ます。あまり広い家ならコード付きの大きな掃除機がいいかもしれませんが、日本でそこまで大型の掃除機が必要な家屋はそうそうないと思います。

そして、充電がすぐに切れる、という悩み。これに対しても、ダイソンv8は40分間掃除が可能なので、掃除中に電池が切れるという事はあまりなさそうです。

ダイソンv8を購入するまでの経緯、感想~まとめ

日々の掃除が簡単にならないか?
 ↓
掃除機の排気が気になる、まずは掃除機の買い替えを検討
 ↓
ダイソン公式ストアでタイムセールをしていてお得にv8が購入できた
 ↓
ダイソンを使う事によって日々の掃除の悩みが解決。価格以上の満足度。

こうして、ダイソンのおかげで日々の暮らしの満足度が高まりました。あまりにも吸引力があって面白いので、今まで掃除してなかった所まで掃除するので、家じゅうがキレイになります。

そして軽量で持ち運びも楽ちんです。アタッチメントもついているので、本当にいろんなところが掃除できます。

というわけで、特にお子様がいるお家は、コンパクトで排気も綺麗なダイソンはお薦めです!

価格はそれなりにしますが、それ以上にコストパフォーマンスを発揮してくれます。そして、購入はぜひ、公式ダイソンストアで。楽天とヤフーでも公式ストアがあるので、ぜひのぞいてみてください。タイムセールや期間限定セールで、お得な商品があるかもしれません!

ダイソン公式ストア楽天店はこちら↓

ダイソン公式ストアヤフー店はこちら↓

 
↓以下のサイトを参照させていただきました。