3つの基本スパイスから作る!簡単!子どもOKの辛くないカレー

5月 22, 2020

カレーというよりはカレー風味なトマト煮込みに見えます

カレーの基本スパイスは、クミン、コリアンダー、ターメリックの3つ

今回は表題のとおり、市販のカレールウなしで、スパイスでカレーを作ってみました。

スパイスから作るカレーと言えば、インドカレー屋さんで食べるサラッとしてスパイシーなカレーですが、お外に行かなくてもお家で簡単に作る事が出来ます。

基本のスパイスもクミン、コリアンダー、ターメリックの3点揃えば大丈夫です。辛みが欲しい場合はカイエンペッパーを足せばいいです。それよりも、子供が食べられる辛くないスパイスカレー外食できなくても自宅で作られるなんて、嬉しいですよね。では、早速ご紹介していきたいと思います。

カレーは簡単で栄養満点。でも市販ルーはデメリットもある

夜ごはんでカレーといえば、家庭のお助けメニューですよね。

肉と野菜を炒めてグツグツ煮込んで、市販のルーを入れると出来上がり。たくさん作っておくと次の日に食べるカレーも美味しいですし、家事の時短にもなります。

煮込み料理なので、野菜もたくさん摂れるし、大人も子供も喜ぶメニュー、カレーは万能な料理です。

でも、カレーのデメリットと言えば何でしょうか?

ドロドロとしたお皿を洗うのが嫌油がたくさん入っていそうで、太りそう…と思う点でしょうか。

市販のルーはカレーのスパイスと小麦粉を油で固めてあるので、あのようにどろっとしているんですよね。後は、化学調味料などの添加物が気になるトコロでしょうか。

以外に簡単なカレーのスパイス調合

カレーの基本のスパイスですが、ネットサーフィンで調べたところ、あっけないほど簡単に作る事ができるという事がわかりました。

まず、基本のスパイスは

クミン

ターメリック

コリアンダー

の3つ。

これにカイエンペッパー(チリペッパー)を加えて辛さを調節することができますが、甘口カレーを作る場合はもちろん入れません。

ただ、これらのスパイスを正しい分量で調合しないといけません。そうしないと、香りのバランスが壊れて、カレーではなくなってしまいます。ちなみに理想のバランスは

クミン:8

コリアンダー:8

ターメリック:1

だそうです。正式にはクミンは半分は粉末ではなくクミンシードを使用するといいそうですが、その場合は

クミンシード:4、クミン:4となります。

※ちなみに、スパイスの配合とレシピは以下のサイトを参考にさせていただきました。

【永久保存版!】カレー好きなら覚えておきたいスパイスの基本方程式!

というわけで、スパイスの比率もわかったところで、早速カレーを作ってみました。

そのお味は…次回またご紹介したいと思います。

スパイスから手作りカレーもいいけど、、お薦めカレーパウダーは?

私が良く作るカレーは、市販のカレールーを組む合わせて作るカレー(欧風カレー、というか日本のカレーですね)と、インド風スパイスカレーの2種類です。

ちなみにインド風スパイスカレーとは、市販のルーや小麦粉を使わず、主にカレーパウダーを使用し、チキン、ヨーグルト、トマトを入れるカレー、と自分で勝手に決めています。

このインド風スパイスカレー、野菜も摂れて、小麦粉なしで、無添加のカレーパウダーを使用するので、何となくヘルシーな感じがします(実際、市販のカレールー使用のカレーよりヘルシーだと思います)。

さて、レシピですが、長らく参考にさせていただいているのはクックパッドのこちらのチキンカレーのレシピになります。

簡単☆チキンカレー

このレシピを参考に、肉やヨーグルト、トマトの量を増やすなど、適当にアレンジしています。

そして、使用しているカレーパウダーは、ご紹介したクックパッドのレシピではインディアンカレーを薦めていますが、我が家では辛みが強いので、違うカレーパウダーを仕様していました。

今まで使用した事のあるカレーパウダーは以下です。

神戸スパイスのマイルドカレーパウダーです。

タモさんお薦めのインデラカレーです。

ただ、これらのカレーパウダーは、塩分を含むものもあり、また、多少の苦みを感じるものもあり、何となく使いづらい場合がありました。カレーピラフ等を作る際にはすごく美味しく出来上がるのですが、煮込むと、何らかのスパイスの苦み成分が溶け出すのでしょうか?

また、家庭では使いきれないくらい大容量での販売も不便です。

まあ、我が家ではカレーパウダーよく使うので400gは半年くらいでなくなります。でもさすがに1㎏はちょっと…。

そこで、辛みと苦みのあるスパイスを省いて、自分で少しずつスパイスを調合して、自分オリジナルのカレーパウダーを作ればいいと思ったわけです。

でもスパイスから作るのは面倒そう…やっぱり抵抗があるな、という場合や、スパイスが揃わない場合は、これらの市販のカレーパウダーを使ってみるのもいいと思います。実際私も、3つのスパイスを使ってみるまでは、何となく敷居が高くて、調合済みのカレーパウダーを使っていました。

まとめ

・市販のカレールウは油分が多く、添加物も気になる。また、ドロドロしていて洗い物が大変。

・子供でも食べられる辛くない無添加カレーは、クミン、コリアンダー、ターメリックの3つのスパイスでできる

・スパイスがそろわない場合や面倒な場合は調合済みの辛くないカレーパウダーもたくさんある

以上です。では、実際スパイスを揃えて作ってみた結果を、またご報告したいと思います。