外出自粛中の過ごし方~子供と楽しむステイホーム

5月 20, 2020

「写真を撮り合う子供の兄弟」の写真

新型コロナウイルスのせいで、外出できない日が続くので、自宅でできる事をとりあえず考えてみました。

・通信講座を申し込んでみる

・親子でクッキングをする

・ちょっと難しい本の読み聞かせをする

・いろいろな画材で好きな絵をかいたり、工作をする

・写真の整理、アルバムを作る

今回の休暇はただの長期休暇とは違うので、子供を連れた外出も自粛しないといけません。でも、自宅にこもって朝から晩までユーチューブ視聴、という生活はなるべく避けたいものです。

できれば子供たちにとって有意義な過ごし方をさせてあげたい、そう考えました。

心配な学力低下を防ぐために、通信講座を申し込む

自宅にこもるなら、その間に学力アップしてしまいましょう。

まずは資料請求から始めて、気になる講座を見つけたら、二か月間ぐらい続けて様子をみてはいかがでしょうか。

すでに通信講座を利用されている場合は、英語の教材を試してもいいかもしれませんね。

特に、お子さんが未就学児なら、しまじろうでおなじみのこどもちゃれんじ

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

DVDとエデュトイと呼ばれる学習できるおもちゃで、お子さんは大喜びするはずです。

DVDは見せている間に家事ができます!

小学生以上なら進研ゼミスマイルゼミがおすすめです。

我が家ではチャレンジを選択したのですが、スマイルゼミも捨てがたいです。

資料請求してみましたが、チャレンジより画面が見やすいです。

マンガ的なキャラクターもなく、すっきりした印象です。おしゃれなお母さんが選択しそうな感じです。

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

ただ、タブレット学習タイプの通信講座を選ぶ場合は、途中で退会してもタブレット代の返金が少ないタイプや、お試し期間があるタイプを選ぶのも重要ですね。

遊びに行けない時は自宅でイベントを。親子でクッキング

この際、子供にお手伝いをさせましょう。特にクッキングがおすすめです。

普段、料理をする際は、子供に手伝わせると余計に時間がかかったり、散らかったりしてしまいますが、お片付けも含め、子供と一緒にしてみてはどうでしょうか。

おすすめはハンバーグや餃子などの捏ねる料理

成型した後は、ホットプレートで一緒に焼くと、ご飯を作るごく普通の過程が、子供たちにとって大きなイベントとなり、良い思い出となります。

また、料理を作りあげた、という達成感が子供たちの心の成長を促してくれると思います。

参考までに、昨年、クックパッドで親子クッキングの特集が連載されていたのでリンクを貼っておきますね♪

news.cookpad.com

時間のある時しかできない。ちょっと難しい本の読み聞かせ。

少し前に紹介しました、「絵物語古事記」

面白い本ですが、夜寝る前に読み聞かせすると、少し怖いかもしれません。

内容もただの物語とはいえ、大人も子供も不思議に思う事がたくさん出てきます。

我が家では親子で話し合いながら本を読み進めました。

また、話題の「こども六法」


子供に読んでほしい1冊です。

子供向けでイラストもかわいいですが、中身は法律なので、大人も、よし、読もう!という気持ちになかなかなりません。

そういった、少し敷居の高い子共向けの本を、読み聞かせ風に一緒に読んでみてはどうでしょうか。

我が家では、空き時間に1頁ずつ、ちまちまと読んでいます。

さらに、子供に大人気のざんねんないきものシリーズ。


小学生ならスラスラ読めますが、一人では読めない未就園児のお子さんとじっくり読んでみるのいい機会かもしれません。

かわいい動物がたくさん出てくるので、子供達も夢中になります。

大人が読んでも、残念すぎて、面白かったです。

これらの本を読んで、読書感想文まで書く必要はないと思いますが、親子で感想を言いあうなどして中身を共有していくと、思い出に残る読書になると思います。

読書を通して、この際に知識や感性を磨いていきましょう!

絵具でアニメや好きな絵を思いのままに描く!お家で図工の時間。

子供達は学校から絵具やクレヨン等を持って帰ってくると思います。

それらの画材を用いて、絵を描かせましょう!

「絵具と白いキャンパス」の写真

学校では、テーマに沿って書くことが重要ですが、家で描く絵は、何を描いても自由です。

画用紙がなくても、いらなくなったプリントの裏で充分です。

思う存分、ピカチュウやドラえもんなど、好きな絵を描かせてあげましょう!

絵を描くのが得意でない子は、絵具やクレヨンなどの決まった画材決められたテーマで絵を描くと、みんなと比較されて、さらに自信を失ってしまいます。

そして、絵具などの学校でしか使用しない慣れない画材で絵を描く事が続くと、絵を描く事がどんどん苦手で億劫になっていきます。

でも、本来、絵は楽しんで描くものです。

お家なら、誰と比べられることなく、自由に好きな絵をかくことができます

また、絵を描く事が好きな子は放っておいてもどんどん絵を描いていってくれるので、その間に家事もできます!

工作が好きな子は、牛乳パックなどの廃材を使って工作をしてみてもいいですね。

我が家では家族でピタゴラ装置を作ってみました!

楽しい思い出は子供を強くする。写真の整理を一緒にしよう!

この際、スマホやデジカメに溜まっている写真の整理をしてしまいましょう!

子供と一緒に写真を見て、楽しかった思い出を話しながら、家族のアルバムを作っていくのも楽しいイベントです。

今の時代、写真の現像は外出しなくてもインターネットでもできますし、アルバムもインターネットで購入できます。

また、最近は一枚一枚現像しなくても、好きな写真を選ぶだけで、オリジナルのアルバムを作成できるサービスも充実しています。

ぜひ、子供達と一緒に写真を選んでオリジナルフォトアルバムを作ってみましょう!

おすすめはしまうまプリントです!

我が家でも何冊か作ってみました。

それにしても、写真の編集も、外出もせずに、パソコンやスマホで完結してしまうなんて、便利な世の中になったものです….!

まとめ

・通信講座を申し込んでみる

・親子でクッキングをする

・ちょっと難しい本の読み聞かせをする

・いろいろな画材で好きな絵をかいたり、工作をする

・写真の整理、アルバムを作る

以上です。

特効薬のない未知のウイルスに感染するのも怖いです。どれが確かな情報なのか、偽りの情報に振り回されて疑心暗鬼になるのも怖いです。

教育の現場では、急に休校になったので、年度末の行事が全て有無を言わさず中止になりました。その中には卒業式も含まれます。子供達の行き場のない悲しみや虚しさは計り知れません。

それでも、子供たちに「あの時は大変だったけど、お家でたくさんいろんなことができたね」と笑いあって、今を思い出せるように、工夫を重ねて生きていきたいと思います!

※こどもちゃれんじに関しては以下の記事も参考にしてくださいね!

ベネッセ「こどもちゃれんじEnglish」