むね肉を柔らかくする方法がたくさんありすぎるのでまとめてみました!

5月 22, 2020

むね肉が人気!安くてたんぱく質が豊富!

こんにちは。今日は家庭の救世主、むね肉のお話しです。

f:id:tonosamabatta:20200107162027j:plain
100g58円。5年前は100g28円で売られている事もあった。

最近、鶏肉のなかでもむね肉が人気ですよね。

ここ5年で倍近く値上がりしました。と言っても、もも肉より断然安いので、家計に優しい、大助かりな食材であることに変わりはありません。

最近のヘルシー志向で、コンビニでもサラダチキンなる商品が人気ですし、インターネットの普及でむね肉を美味しく調理できるレシピが、簡単に検索できるようになったことにも一因があると思います。

また、筋トレにも有効なたんぱく質をたくさん含む食品なので、最近の筋トレブームもむね肉人気の要因の一つになっていると思われます。

むね肉を柔らかくして美味しく食べる方法

さて、むね肉の美味しい食べ方についてです。

むね肉の弱点は、やっぱりそのパサパサ、モサモサ感だと思います。噛めども噛めども、同じ食感が続きます。美味しいお肉のように、油でとろっとジューシーな味わいは全くありません。

よっぽどのお肉好きならともかく、味も染み込みにくいですしね。

では、むね肉を柔らかくジューシーに食べるにはどうすればよいのでしょうか。

いろんな説がありますよね。

以下、箇条書きにしてみました。

物理的方法

  1. にくをたたく
  2. そぎ切りにする
  3. 表面に切れ目を入れる
  4. フォークで穴をあける
  5. 焼く前に小麦粉や片栗粉をまぶす
    f:id:tonosamabatta:20200107162047j:plain
    お肉の繊維を断つようにそぎ切りします

調味料に漬け込む

  1. 塩、コショウ
  2. マヨネーズ
  3. 塩麹
  4. 麺つゆ
  5. しょうが、にんにく
  6. はちみつ
  7. ヨーグルト
  8. 砂糖
  9. 重曹
  10. 炭酸水

以上ですが、たくさんありますよね!

他にも、上記の調味料をいくつか組み合わせた方法となると、ほんとに何通りもあるので、たくさんのレシピがあります!

むね肉は調理の段階で水分が失われてパサパサになるので、焼く前に粉類をまぶしたり、水分のある調味料に漬け込むのは確かに理にかなっていますよね。

でもこれだけ方法があると、迷ってしまいます…。

むね肉を柔らかくする下ごしらえ、お薦めの方法

では、私がお薦めのお肉柔らか方法を紹介しますね!

まず、そぎ切りにしたお肉と酒、塩、砂糖を用意します。

酒、塩、砂糖の量については、お肉の量で変化します。

お肉100gにつき、酒10㏄、塩1ℊ、砂糖1ℊで覚えると覚えやすいです。

例えばむね肉500gでは酒50CC、塩5g、砂糖5gですね。

私はいつも目分量で調味料をいれてしまいますが、慣れるまではキチンと計量することをお薦めします。

ここにニンニク、ショウガ、コショウなども入れてしまいます。量はお好みで小さじ1~大さじ1くらいでしょうか。

これで1時間~1日置くと、柔らか下味付きのむね肉ができあがりです。

うっすら塩味がついているので、このまま唐揚げにもできますし、調味液をふき取ってチキンカツや照り焼きにもアレンジできます。

この配分で、塩を重曹、砂糖をハチミツに変えてもOKです。

f:id:tonosamabatta:20200107162113j:plain
お酒がない場合は水でもいいです

(ただし、重曹を入れた場合、調味液からアクが出るので注意!)

ただ、私自身もいろいろな調味料を試してみましたが、

調味料より、物理的な方法を取り入れた方が、よりお肉が柔らかジューシーになるような気がしました。

ただ、忙しい毎日でむね肉をそこまで下ごしらえするのは大変ですよね。

どうしても調味料漬け込みで柔らかくなってほしいものです。

そして、作りたいメニューによって、むね肉の下味も変わってくるので、

皆さんもいろいろと自分好みの下味を見つけてくださいね!

そういえば、少し前のNHKのためしてガッテンでは、マイタケを細かくしてまぶすとむね肉が柔らかくなる、といってましたよ。一度試してみたいです!

www9.nhk.or.jp